中間成形機(マニピュレーター付)

簡単な説明:

1. 重要な考慮事項

- オペレータは機械の構造、性能、使用方法について十分な知識を持っている必要があります。

- 許可されていない人による機械の使用は固く禁止されています。

- 機械は駐車するたびに調整する必要があります。

・運転中はオペレーターが機械から離れることを禁止します。


製品の詳細

製品タグ

製品の特徴

●整形機と自動移植マニピュレーターを一体化した機械です。端部圧縮の原理設計を社内拡張、外注、整形。

● 産業用プログラマブル コントローラ PLC によって制御されます。各スロットに単一のマウスガードを挿入して、エナメル線の逃げと飛行を調整します。エナメル線の崩壊、スロットペーパーの底の崩壊、損傷を効果的に防ぎます。バインディング前のステーターの形状を効果的に確保します。 美しいサイズ。

●実際の状況に応じてワイヤパッケージの高さを調整できます。

● この機械は迅速な金型交換設計を採用しています。金型交換は素早くて便利です。

中間成形機(マニピュレーター付)-1
中間成形機(マニピュレーター付)-2

製品パラメータ

製品番号 ZDZX-150
作動ヘッド数 1個
操作ステーション 1駅
線径に合わせて調整 0.17~1.2mm
マグネットワイヤー材質 銅線/アルミニウム線/銅被覆アルミニウム線
ステータスタックの厚さに適応 20mm~150mm
最小ステータ内径 30mm
最大ステータ内径 100mm
空気圧 0.6~0.8MPA
電源 220V 50/60Hz(単相)
4kW
重さ 1500kg
寸法 (長さ) 2600* (幅) 1175* (高さ) 2445mm

構造

1. 重要な考慮事項

- オペレータは機械の構造、性能、使用方法について十分な知識を持っている必要があります。

- 許可されていない人による機械の使用は固く禁止されています。

- 機械は駐車するたびに調整する必要があります。

・運転中はオペレーターが機械から離れることを禁止します。

2. 作業開始前の準備

- 作業面を清掃し、潤滑グリースを塗布してください。

・電源を入れ、電源信号灯が点灯していることを確認してください。

3. 操作手順

・モーターの回転方向を確認してください。

- 固定子を治具に取り付け、開始ボタンを押します。

A. 成形するステータを治具上に置きます。

B. スタートボタンを押します。

C. 下側の金型が所定の位置にあることを確認します。

D. 整形プロセスを開始します。

E. 整形後、ステータを取り出します。

4. シャットダウンとメンテナンス

- 作業エリアは清潔に保ち、温度は摂氏 35 度を超えず、相対湿度は 35% ~ 85% に保つ必要があります。また、腐食性ガスのない場所も必要です。

- 機械を使用しないときは、防塵および防湿を維持してください。

- シフトするたびに、各潤滑ポイントに潤滑グリースを追加する必要があります。

- 機械は衝撃や振動の源から遠ざけてください。

- プラスチック金型の表面は常に清潔でなければならず、錆びの斑点があってはならない。工作機械と作業エリアは使用後に清掃する必要があります。

- 電気制御ボックスは 3 か月ごとに点検および清掃する必要があります。

5. トラブルシューティング

・固定具の位置を確認し、固定子が変形したり滑らかでない場合は調整してください。

・モーターの回転方向が逆になった場合は機械を停止し、電源線を切り替えてください。

- マシンの操作を続行する前に発生する問題に対処します。

 

6. 安全対策

- 怪我を避けるために、手袋、ゴーグル、イヤーマフなどの適切な保護具を着用してください。

・機械を始動する前に、電源スイッチと非常停止スイッチを確認してください。

- 機械の稼働中は成形領域に手を入れないでください。

- 許可なく機械を分解したり修理したりしないでください。

- 鋭利なエッジによる怪我を避けるため、ステーターは慎重に扱ってください。

・緊急の場合は、直ちに非常停止スイッチを押して対処してください。


  • 前の:
  • 次: